体温上昇

→救テp702、病みえp234

A定義・概念 →救テp702

1.発熱

  • 体温調節中枢の設定温度の上昇
  • 目的をもった身体反応

2.高体温

  • 体温調節機能が作用せず体温が上昇してしまった状態

B 発症機序 →救テp702

1.体温の調節→救テp702、→病みえ神p234

  • 視床下部
    • 冷感受性ニューロン
    • 温感受性ニューロン
  • →救テp703表III-4-45

2.発熱の発症機序

→救テp703図III-4-8

引用元
引用元
引用元
引用元

3.高体温の発症機序

  • 熱産生と熱放散のバランス
  • 熱の出納がプラス

C病態 →救テp703

1.有利な点

  • →救テp703表III-4-46

2.不利な点

  • →救テp703表III-4-46

D発熱の分類と種類 →救テp704

1.程度による分類 →救テ p704

  • 微熱
  • 中程度発熱
  • 高熱

2.熱型 →救テ p704

  • 稽留熱
  • 弛張熱
  • 間欠熱

3.不明熱 →救テ p704

38℃を超える発熱が3週間以上

E原因疾患 →救テ p704

→救テp705表III-4-47

1.発熱の原因疾患 →救テ p704

1)感染症

  • 表III-4-48

2)感染症以外

  • 悪性リンパ腫
  • 白血病
  • 腎細胞癌
  • 膠原病
  • 川崎病
  • アレルギー
  • 薬剤

2. 高体温の原因疾患 →救テ p705

  • 表III-4-49
  • 熱中症
  • 覚醒剤中毒→救テp1080
  • アスピリン中毒→救テp1067
  • 悪性症候群→救テp924、→病みえ神p350

F 緊急度・重症度の判断 →救テp706

1.体温上昇の程度

  • 相関
  • 40℃以上
  • 感染性心内膜炎
  • 結核
  • 年齢

2.随伴症状

  • バイタルサイン
  • 意識障害
  • 呼吸不全
  • 髄膜刺激症候
  • 腹膜刺激症候

3.原因疾患

  • 中枢神経系の感染症
  • 上気道狭窄
  • 結核
  • 腫瘍
  • 高体温

G現場活動 →救テp706

1.観察

  • バイタルサイン
  • 意識状態
  • SpO2値
  • 肺野の聴診
  • 腹部
  • 皮膚

2.処置 →救テp706

1)体温管理

  • 毛布
  • 冷却

2)心電図モニターの装着→救テp707

  • 頻脈
  • 不整脈
  • シバリング

3)その他

  • 酸素投与

4)搬送時の注意 →救テp707

  • 標準予防策→救テp371
    • 接触感染→救テp372
    • 飛沫感染
    • 空気感染
  • 結核