運動麻痺

→救テp503、病みえp198

A定義・概念 →救テp503

随意運動における骨格筋の筋力が低下ないし消失した状態

B 発症機序 →救テp503

  • 大脳皮質運動野→内包後脚→脳幹→脊髄→神経根→末梢神経→神経筋接合部→骨格筋
  • 錐体路→病みえ神p196

C分類→救テp503

1.程度による分類→救テP503

  • 完全
  • 不全
  • 徒手筋力テスト(MMT)→病みえ神p203
  • →救テP324,5,6

2.分布による分類→救テp503表III-4-16

→救テp322
→病みえ神p199

  • 単麻痺
    • 神経根、神経叢、末梢神経→病みえ神p295,6
    • 大脳皮質の限局性病変
  • 片麻痺
    • 大脳半球
    • 脳幹
  • 対麻痺
    • 胸髄、腰髄
    • 神経根、末梢神経の多発性病変
  • 四肢麻痺
  • 交叉性片麻痺

D原因疾患 →救テp504

→救テp505表III-4-17

  • ギラン・バレー症候群→救テp555、→病みえ神p302~
  • 神経筋疾患
    • 筋萎縮性側索硬化症→救テp555、→病みえ神p332
    • 筋ジストロフィー→救テp626、→病みえ神p379
    • 重症筋無力症→救テp626、→病みえ神p390
    • 周期性四肢麻痺→救テp626、→病みえ神p386
  • クラッシュ症候群
    →救テp750
  • コンパートメント症候群
    →救テp750,1
  • 低血糖 片麻痺
  • 高血糖 片麻痺
  • 低カリウム血症→救テp612,3
  • ボツリヌス中毒
    • ボツリヌス毒素
    • ボツリヌス毒素療法→病みえ神p282
  • フグ中毒→救テp803

E随伴症状 →救テ p504

1.知覚障害→救テ p504

  • 運動麻痺と知覚障害の範囲

2.意識障害→救テ p504

  • 積極的な観察

3.眼と瞳孔の異常→救テ p505

  • 鉤回ヘルニア
  • 脳出血→救テ P553
  • 有機リン中毒→救テ P798,救テ P314
    • アセチルコリンエステラーゼ阻害
  • 腕神経叢損傷→救テ P731
    • 神経叢 →病みえ神p294,296
    • ホルネル症候群→病みえ神p235

4.その他の神経学的異常→救テp505

  • 構音障害→救テp81,324,→病みえ神p275
    • 球麻痺
    • 偽性球麻痺
  • 失語 →救テp、324→病みえ神p162
    • 優位半球

5.バイタルサインの異常 →救テp505

  • 血圧上昇
  • 血圧低下
  • 脊髄損傷→救テp729,30
    • 完全
    • 不全→救テp730
    • 脊髄ショック→救テp730
    • 神経原性ショック→救テp730
    • ショックの種類と原因疾患→救テp463

F判別を要する病態 →救テp505

1.運動失調→救テp505

  • 運動失調→救テp323
  • 小脳→救テp81,→病みえ神p49
  • 深部知覚→病みえ神p192、p193
  • 前庭迷路系→病みえ神p271

  • 協調運動の障害
    • 小脳 →病みえ神p48
    • 脊髄後索→病みえ神p193

2.疼痛による運動制限→救テp505

G緊急度・重症度の判断 →救テp506

1.性状からの判断

  • 急激に出現
  • 進行性上行性の対麻痺→救テp555, 病みえp302
  • 一過性の運動麻痺(一過性脳虚血発作)→救テp549,50

2.随伴症候からの判断→救テp506

  • 意識障害、瞳孔異常、ショック、呼吸障害
  • 脳ヘルニア徴候
  • 嘔吐、頭痛

3.原因疾患からの判断→救テp506

  • 緊急度
  • 重症度

H現場活動 →救テp506

1.観察

  • 意識レベル
  • バイタルサイン
  • 麻痺の分布と程度 呼吸筋
  • しびれ
  • 眼位、瞳孔

2.処置

  • 補助換気
  • 運動麻痺の部位の保護
  • 静脈路確保の部位

3.医療機関選定

  • 片麻痺
  • 対麻痺、四肢麻痺
  • 呼吸麻痺